2つのこと

私にははっきりさせなくてはいけない2つのことがある。

 

 

1つは家族のこと。

ずっとこれは引っかかってきたことでもあるけど、

そろそろ自分で何かアクションを起こすときだとも思ってる。

 

 

大学にきて、ひとり親の家庭で育った友達も多い。

だからこそ相談しやすいかと言ったらそうでもない。

いろいろ事情はあるにせよこれまで、私が大学生になるまで一つの家族で育ててきてくれた親がいるということだけでも片親家庭の人たちからしたらうらやましいことなのかもしれない。

 

よく言われる。「もうみんな大きいもんね」って。

そうだね。しかでてこない。小さい時から親のいない苦しみはきっと体験した人にしかわからないし、私が大変だったね、の一言でまとめられることではないと思う。

しかも大変だったねと言われることもその人たちからしたら同情されているようで嫌な言葉かもしれない。

 

人の苦しみとか悩みは本当に体験したことがなかったり、その人の気持ちにどれだけ寄り添えるのかで大分変わると思うけど、安易にコメントしたりすることも怖くなった。

 

私は少し傷ついたよ。みんな大きいから自立してるからまだいいね、、みたいなニュアンスがどうしても混じってきてしまうこと。仕方がない。

 

分かってる。分かり切ってることだけど。

そこじゃなくて、、、。

 

 

家族と過ごしてきた時間がこれだけ長いと思い入れはもちろん強すぎる。

思い入れとかいうとものみたいだけど、、、。うまい言葉がでないけれど。

私という人物が形成されるのには家族が一番大事で。

好きだなんて思ったことはないけれど、もうなくなるかもしれないって考えたらなんかもうよくわからない。

 

私、わからないと考えるのをやめたり、面倒くさくなっていじけてしまう。

だけど、これはここで匙を投げてはいけない。

 

 

やっと家族を考えられた。好きなんだ。

こんな遠くに来てしまったことを申し訳なく思うほどだけど、

何とかしたい。何とかして戻したい。。。

戻すじゃないな。変えたいな。もう一段上へ。

 

 

 

 

 

2つ目。男の人の関係。

 

私には彼氏がいる。

きっとこの彼氏には、この自分をいつも見ていてほしい。

寂しい時にいつも近くにいてほしい。甘えたい。

 

そんな私の欲求の塊を満たしてくれている。

 

 

そして、この人と暮らしたい。日々の生活を共にしたい。

この人と一緒に生きてみたい。と思う人もいる。

 

 

そして、もう一度話をしたい。ありがとうを伝えたい。

そんな人もいる。

 

 

みんなそれぞれ尊敬していて、素敵な人だし、こんなわたしのハチャメチャを見ていてくれる、付き合ってくれるのには本当に感謝している。

 

 

最後の人には早く話してすっきりしてしまいたい気持ちもある。

今は別れてしまってはいるけれど、それまで4年間一緒にいたということ、その事実は消えないし、きっと今の自分にも、かなり大きな影響を与えてくれた人だった。

あんな別れ方は失礼だ、、、。

 

 

それが心に残っている。ほんとに小さなことかもしれないし、直接今になにか影響があるわけでもないけれど、今の人を大切にするためにも、一番は相手の為にも大切だと思ってる。

 

 

それから。私を支えてくれてる人にほんとの気持ちをちゃんと伝えたい。

素直に伝えたい。おもいきり思いを伝えたい。

 

 

いつそんな日が来るのかな。

家族になる人ってどんな人なのかな。

 

 

 

逃げない。

 

 

 

これが今の大きなこと。

逃げていて、隠していたこと。