読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【何もない昼下がりに】

いつか過ごしたことがあるような、何にもない休日だ。

恐ろしいほどにみんな何かをすることもなく、

ただただ生きている。

 

 

なんのために生きているのかなんて考える必要もなく、

なにかをこの家、地域、国、世界、地球に残して死ぬ必要すらないのだ。

 

 

天気がいい。

 

なんで天気がいいんだ。誰の為なんだ。

なんのために生きるのか、だれがこの地球に生命なんて作ったんだ。

 

 

本当にわからない。いや、あるからもういいんだけど、、、

 

 

 

デカルトが言ってた「我思う、ゆえに我あり」ってこういうことなのかな。

あー。初めて分かった気がする。

きっとわかってなくても今までで一番納得してるな、この言葉の意味。

 

 

 

久々に過ごす家族との時間。

いつもの休日ってなんだったっけ。もう覚えてもいなかった。

過ごし方なんてめったに考えなかった。

 

何もないってこういうことか。焦った。

みんなは自然とリビングから去り、個々の部屋に向かう。

一人で携帯の画面をじっと見つめるんだ。

 

なにも生まれない一日。恐ろしいほどに堕落はすぐそばにあって、私は何も見たくない。誰かが一人でいて寂しければいつでもとりあえずそばにいて。これは自分が孤独であることの表れで孤独が凄く怖くなる。

 

 

自分の居場所は自分が作るものかもしれないけど、

それは違うかもしれない。

いつも気づかないけれど周りの誰かが作ってくれるものなんだ。

 

いつもありがとう。