選択とは

今、とてつもない後悔に襲われている。

 

 

あー。あ。なぜあの時あの決断をしたのか。

 

忙しさにのまれて後から振り返ればなんでこうしちゃったんだ、

と思うものが沢山出てくる。

 

 

過去に帰ろうとも思わないくらい今を楽しめばいいとか、

後から振り返って、過去に帰りたいと思うくらいの楽しい時を過ごしてたいとか

いろんな考えを聞くとか、今はほんとにそんなこと考えてること自体なんなんだ、

いやあ、そんなこと考える余裕ないなって思ってしまう。

 

 

今を生きることに精一杯すぎるのだ。

と思い込んでいる。

 

そう、思い込んでいるのだ。

 

自分は今、やりたいと思ったことをなんでも手を出している。

手を出していて手に負えない。(笑)

 

いや、忙しいとかそういうことじゃなくて、

自分の頭の切り替えが追い付かないのだ。

 

 

後悔、きっと過去のほうがよかったと、

自分の中で過去と今を比べている。

 

過去に比べて今自分は成長しているのだろか、と

ずっとずっと自分で自分を苦しめているのだ。

 

見方を変えればいいことはたくさんあるけど。

 

 

うーん、、、、

 

 

 

でも、選択したんだから進むしかないんですね。

 

 

あー。くそったれなブログを書いてしまったな。

 

 

【ありがとう】

気づきました。

 

 

 

感謝することを忘れている。

 

 

なんだか周りとの関係がよくないな~。

私に余裕がないからか。とまでは分かっていた。

 

 

だけど、感謝すること。

これは忘れていた。

 

 

確実に「ありがとう」をいう回数が減っている。

 

たぶんこれだ。

 

 

 

愛されている、必要とされている、

人からの承認欲求は必ずだれでも必要で、

みんな欲しがるものかもしれない。

 

 

それは自分が魅力的であることが必要なのかもしれない。

 

 

でも、ひとから好かれるために生きる人生って変じゃないのかな?

 

 

 

きっとなにか目標があってそれを達成するために人の支援が必要なんだよね。

 

 

 

 

ひとの力は自分が思っている以上に大きい。

自分の力で人生すべてここまでこれたとは絶対に思えない。

 

 

自分の成長のどこかに必ず誰かがいてくれた。

 

 

 

そんな人たちに恩返しをしたいし、

そんな人たちと一緒にいたい。

 

 

そうすると元気がでる。

自分本位の考え方かもしれない。

 

 

だけど、そうしたいからそうする!

 

 

 

 

一番支えてくれたはずの親が、今無くなってしまいそうな今、

私にできることはなんなのか。

 

 

 

落ち着いて、穏やかに、ゆっくりと、

私はわたしで。

 

 

 

私を見失ったらまずは人と自分に聞いて。

自分も支えてくれる人も見失わないように・・・

進むために寝る

なにをするにも進むことしかないということはずっと前から知っている。

 

悩みながらも進んでいく。

それでいいんだと思いながらずっとここまできた。

 

 

誰でもつらくなる。

 

 

そんな時、誰かに頼るのがいいの?

自己消化するのがいいの?

 

 

突然頼りたくない、頼れない状況になったらどうしたらいいのだろう。

 

 

 

そう。そんなときは寝るしかない。

 

 

大抵ねてしまえば嫌なことは忘れてしまう。

薄れてしまうといったほうが正しいけれど、

いくら考えても悪いほうにしか行かないときは寝るのが一番。

 

 

これは自分の中のやばい!ってなったときの解決策として残しておこう。

 

 

どうしても自分がつぶれちゃいけないとき。

そんなときは自分を立て直すためにも、無理に人に近づかないで、

落ち着くまで一人で泣いて、そして寝る。

 

 

 

 

きっとなんでも、停滞期に陥ったときは、動かなくてもいいから、

自分を見つめなおすこととなにか吸収することをしよう。

 

人は何か生産しないと病む。

どこかで聞いたことがあるから、

 

疲れた時にお店でプリンを爆買いするんじゃなくて、

気持ちを書き出すでも、日記を書くでもよし。

 

なにか作ろう。

形に残そう。

 

 

 

これはメモ程度に残しておこう!

 

 

 

【甘え】

久しぶりに不思議な休日を過ごした。

 

今までにもあった、あまり思い出したくない休日のような。

 

 

 

沢山のことを思い出した。

あの時の気持ちがそのまま思い出せた。

本当に胸が締め付けられるような感覚。

 

 

 

この土日、ある人は戦っていた。

私は祈った。その戦いにその人の力をすべて発揮できますように、と。

 

 

そして気づいた。

その人をいつまでも忘れたくないことを。

 

 

2016年、私はその人を含め、大切な人を沢山離してしまった年だった。

 

 

久しぶりに心のそこから誰かに相談したいと思った。

泣いた。

本気で泣いた。

 

 

久しぶりだった。

なんだかうれしかった。

 

 

矛盾しているけれど、嬉しかった。

近頃の私は見失っていた。

 

 

周りの人に感謝すること。

自分が今までどれだけの人に助けられてきたか。

 

どんなに忙しくても時間を割いて話を聞いてくれたのは誰か。

私が深夜まで予定があってもわざわざ待ってくれていたのは誰か。

家まで迎えに来てくれたのは誰か。

いくら機嫌が悪くてもそばにいてくれたのは誰か。

喧嘩でも悩みでも真剣に向き合ってくれたのは誰か。

 

 

 

 

私という存在に対して真剣に向き合ってくれたのは誰だったか。

 

 

毎日はいつの間にか過ぎてしまって、

誰かに感謝することを忘れがちになってしまう。

 

 

 

近頃の私は、

とにかく何かをこなすこと。

なんでもなんとなく力を抜いてそれでもできてしまったように感じている私がいて。

沢山のものを抱え、そこに関わる人への配慮ができなくなり、

なんとなく自分が冷たい人間であることに気づいていた。

 

気づいていたのに。

 

 

 

久しぶりに泣いて分かった。

 

 

 

 

人を頼ろうとした。

その人にはうまく伝えられなかった。

伝えようとしたけど面倒臭そうだった。悲しかった。

 

 

私はいつのまにか相談できる人を失ってきてしまった。

自分で切ったんだ。

それか何かが変わってしまった。

 

 

 

自分が変わることはとてもいいこと。

わたしが望んでいること。

 

いい方向に変わるならば。成長ならば。

 

無くしちゃいけないもの。

なんだろう。

 

 

 

今日、この日があったから、

あの人がいたから気づかされたことがある。

 

 

もう一度、自分、そして周りの人を振り返ってみよう。

 

 

 

 

 

大切にしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【大切な日】

今日はセンター試験

 

昨年自分の運命が決まった日といっても過言ではないほどの日。

 

 

 

今年も多くの人の人生を左右し、

誰かが喜んで、誰かが悲しむ。

 

 

この2日間のために1年間勉強した人もいれば、

小学生のころからずっと勉強し続けてきた人たちがいる。

 

 

将来なにになりたいか、まだまだ世界を見れていない時期から。

その中で考えて考えてなんとか勉強する。

 

 

ものすごい努力をこの大学受験にかけている。

小学校からの勉強も、高校の時の勉強なんてすべて大学に行くためのものだったんじゃないかと今、やっと気づいた。

 

 

 

だけど高校のとき勉強しなかった。

 

 

 

勉強っていろいろあると思う。

 

 

 

 

点数で測られることはもうなんだか疲れてしまった。

これはただの逃げかもしれないけど。

 

 

 

 

 

今日、一番に感じたこと。

 

 

それは、私にとっては普段となにも変わらないこの休日。

 

一方、誰かにとっては運命を左右する大事な日。

 

 

 

 

 

今はそうはできないけれど、

今日はずっと応援し続けた、大事な人の大事な日です。

 

 

 

ずっと応援しています。

 

 

 

この思いが届きますように。

【わたしとわたしと、、、】

ブログ、また書きたくなった。

 

 

なんとなく普段思っていること、

はっきり決めていることをしっかり書き残してみたい。

って。思った!

 

毎回ブログ初めてみても、パスワード忘れて入れなくなっちゃう・・・。

今回こそは細く長く続けていきたい。

このはてなブログだけは!

 

 

 

 

はい。ということで、秋学期が始まった。

きっと春までなんてあっという間だ。ってめちゃめちゃ思う。

 

 

こんな感じで日々過ぎて行っちゃうんだろうなって怖くなってくる。

大学生になるまでは、

早く時間が過ぎないかな、ってなにが待ち構えてるかもわからないのに

なんだか将来が楽しみで、早く!早く!って思ってた。

 

ただただ思うだけで。何もせずに。

 

 

 

 

 

 

結局今は過去からの連続で、

過去の自分があるから、今の私があって、

過去の私が今の自分を作ってくれていて、、

 

 

きっと今の自分が嫌いなら、

自分のやっていることに納得できていた、自分のことが好きな時期があるからで、、

自分のやっていることに納得できる、なんてあるのか?!

たぶんある!だけど、そんなこといままでないなって思うのは、

気づいてないからなのかな。

 

 

 

 

楽しい時って楽しいってあんまりきづかないんだよね。

その時は言葉では口にしてるけど、後になってみると

「楽しそうに見える。」

みたいな。客観的に見えちゃう。自分じゃなくて。

 

 

それはどんなときにも言えて、これがめちゃめちゃ怖い。

 

 

 

 

だからなんなんだよ!って感じの話だけれども、

なんで自分がこう感じているのかはよくわからない。

気になる。

 

 

過去の自分がうらやましく見えているのだ。

過去のほうが幸せだったのではないか、と。

 

自分がどんどんダメになっている気がしてしまう。

 

 

 

 

 

はーい。こんなときこそ、どんなになりたいかもういちど考え直そう!!

 

 

って思ったんだけど、、、

 

 

 

 

 

どんなになりたいか、じゃなくて”こうはなりたくない”で生きている人たちに出会って、、、

 

器用・不器用関係なく、どっちの生き方でもいいよね?

こうなりたいかあ、、、

 

 

こうなりたいというより、

こんなことしてみたいっていう、仕草・言葉遣い・習慣・活動

みたいなちーっちゃいものを積み重ねていく感覚、、、

 

 

これはこうなりたいということですね。。。

言葉の違いか!

 

 

こうなりたいってなんかハードル高く感じちゃうな。

抽象的だからわからないんだな、、

具体的にイメージできるところにもっていかないとだめだ!

 

 

少し考えてみることにします。

立ち止まってみます。

 

 

 

 

 

 

堕ちた今を作ったのも私。これからの自分を作るのも私。

だから、今の自分をちゃんと見てこれからを作っていこう。

 

 

 

 

 

 

以上思考整理でした、、、、

うわーん。まとまらない