読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素直になれない

私はいつも素直になれないのだ。

 

好きって言えない。

ありがとうって言えない。

 

ただ、ごめんねだけは出てくる。

なんでだ。

 

 

 

さくらをみたよ

今日はさくらを見たよ。

さくらは全然濃いピンクじゃないんだね。少し白に近い。

 

 

こうやって小さな発見を沢山したい。

毎日、ちっちゃな楽しみを沢山見つけたいんだ。

 

なんとなーくの日々ってほんとに何もない。

体力を使って、どんどんくたびれていくの。やだな。

 

私最近ずっとそんなんしてた気がする。

楽しく生きるの。それって自分次第だ。

 

学校の講義でもそうだし、なんでもそうだな。

 

 

 

日常に慣れないように。

なんでも習慣化してしまわぬように。

 

 

 

毎日がたのしくなりますように。

勉強にもつながるかな。

2つのこと

私にははっきりさせなくてはいけない2つのことがある。

 

 

1つは家族のこと。

ずっとこれは引っかかってきたことでもあるけど、

そろそろ自分で何かアクションを起こすときだとも思ってる。

 

 

大学にきて、ひとり親の家庭で育った友達も多い。

だからこそ相談しやすいかと言ったらそうでもない。

いろいろ事情はあるにせよこれまで、私が大学生になるまで一つの家族で育ててきてくれた親がいるということだけでも片親家庭の人たちからしたらうらやましいことなのかもしれない。

 

よく言われる。「もうみんな大きいもんね」って。

そうだね。しかでてこない。小さい時から親のいない苦しみはきっと体験した人にしかわからないし、私が大変だったね、の一言でまとめられることではないと思う。

しかも大変だったねと言われることもその人たちからしたら同情されているようで嫌な言葉かもしれない。

 

人の苦しみとか悩みは本当に体験したことがなかったり、その人の気持ちにどれだけ寄り添えるのかで大分変わると思うけど、安易にコメントしたりすることも怖くなった。

 

私は少し傷ついたよ。みんな大きいから自立してるからまだいいね、、みたいなニュアンスがどうしても混じってきてしまうこと。仕方がない。

 

分かってる。分かり切ってることだけど。

そこじゃなくて、、、。

 

 

家族と過ごしてきた時間がこれだけ長いと思い入れはもちろん強すぎる。

思い入れとかいうとものみたいだけど、、、。うまい言葉がでないけれど。

私という人物が形成されるのには家族が一番大事で。

好きだなんて思ったことはないけれど、もうなくなるかもしれないって考えたらなんかもうよくわからない。

 

私、わからないと考えるのをやめたり、面倒くさくなっていじけてしまう。

だけど、これはここで匙を投げてはいけない。

 

 

やっと家族を考えられた。好きなんだ。

こんな遠くに来てしまったことを申し訳なく思うほどだけど、

何とかしたい。何とかして戻したい。。。

戻すじゃないな。変えたいな。もう一段上へ。

 

 

 

 

 

2つ目。男の人の関係。

 

私には彼氏がいる。

きっとこの彼氏には、この自分をいつも見ていてほしい。

寂しい時にいつも近くにいてほしい。甘えたい。

 

そんな私の欲求の塊を満たしてくれている。

 

 

そして、この人と暮らしたい。日々の生活を共にしたい。

この人と一緒に生きてみたい。と思う人もいる。

 

 

そして、もう一度話をしたい。ありがとうを伝えたい。

そんな人もいる。

 

 

みんなそれぞれ尊敬していて、素敵な人だし、こんなわたしのハチャメチャを見ていてくれる、付き合ってくれるのには本当に感謝している。

 

 

最後の人には早く話してすっきりしてしまいたい気持ちもある。

今は別れてしまってはいるけれど、それまで4年間一緒にいたということ、その事実は消えないし、きっと今の自分にも、かなり大きな影響を与えてくれた人だった。

あんな別れ方は失礼だ、、、。

 

 

それが心に残っている。ほんとに小さなことかもしれないし、直接今になにか影響があるわけでもないけれど、今の人を大切にするためにも、一番は相手の為にも大切だと思ってる。

 

 

それから。私を支えてくれてる人にほんとの気持ちをちゃんと伝えたい。

素直に伝えたい。おもいきり思いを伝えたい。

 

 

いつそんな日が来るのかな。

家族になる人ってどんな人なのかな。

 

 

 

逃げない。

 

 

 

これが今の大きなこと。

逃げていて、隠していたこと。

 

 

 

 

【探り探り進む】

ちょっと、何かがしんどいです。

何がでしょうか。

私のブログはいつもこんなです。書くことをあらかじめ決めていません。

話すときも、何を話したいか曖昧なまま話し始めてしまいます。

 

ダメダメなのに強がります。

素直になれません。

勇気が出ません。

一人じゃ何にもできません。

一人が一番怖いです。

 

特に何があったわけでもないけれど、

いつも一緒にいて、信頼していたとしても、

いつのまにかどこかに行ってしまって一人になるかもしれない。

 

一人で生きていけると思っていても、今まで必ず隣に誰かがいてくれたではないか。

依存しているのが嫌だ、あの人と一緒にいるのが嫌だなんてわがままかな。

 

 

逆にあの人と一緒にいたいって思うのもわがままかな。

 

きっと全然答えなんて見つからないんだと思う。

 

 

 

どの分人をしていても、心地よくなくて。

一人になったときにはとてつもない虚無感に襲われる。

分人の構成比率もどれも自信のないものばかりで。

もうちょっと分からなくなってきて。

 

一人の時間。大事にしようかな。

時の流れに自分をどこかにおいていってしまわぬように。

 

 

 

誰かに接するとき、必ず自分が必要ですか?

きっと誰もが自分を持っている人がかっこいいと思うんだろうな。

 

今、私が必要な物はなんですか。

沢山の知識ですか?優しさですか?今私はどんな役割でここにいたらいいのか。

 

時々よく分からなくなって。

どうしてこうなのかな。

 

 

ゆっくりゆっくり進んでいこ。

 

 

 

 

【何もない昼下がりに】

いつか過ごしたことがあるような、何にもない休日だ。

恐ろしいほどにみんな何かをすることもなく、

ただただ生きている。

 

 

なんのために生きているのかなんて考える必要もなく、

なにかをこの家、地域、国、世界、地球に残して死ぬ必要すらないのだ。

 

 

天気がいい。

 

なんで天気がいいんだ。誰の為なんだ。

なんのために生きるのか、だれがこの地球に生命なんて作ったんだ。

 

 

本当にわからない。いや、あるからもういいんだけど、、、

 

 

 

デカルトが言ってた「我思う、ゆえに我あり」ってこういうことなのかな。

あー。初めて分かった気がする。

きっとわかってなくても今までで一番納得してるな、この言葉の意味。

 

 

 

久々に過ごす家族との時間。

いつもの休日ってなんだったっけ。もう覚えてもいなかった。

過ごし方なんてめったに考えなかった。

 

何もないってこういうことか。焦った。

みんなは自然とリビングから去り、個々の部屋に向かう。

一人で携帯の画面をじっと見つめるんだ。

 

なにも生まれない一日。恐ろしいほどに堕落はすぐそばにあって、私は何も見たくない。誰かが一人でいて寂しければいつでもとりあえずそばにいて。これは自分が孤独であることの表れで孤独が凄く怖くなる。

 

 

自分の居場所は自分が作るものかもしれないけど、

それは違うかもしれない。

いつも気づかないけれど周りの誰かが作ってくれるものなんだ。

 

いつもありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【地元最高】

現在地元に帰っております!

 

 

 

たのしいなあ!

高校の先生と話していて改めて自分を確認することができたな、なんて思ったり。

 

 

あー。私ひとの3倍やるとか言ってたなあ。

すっかり忘れていた。

 

やっぱり自分が頑張ってると人もついてきちゃうというか、

あと0.5歩進んだら追いつけそうみたいな感じに見えるから

みんな敵対視してくるのかな。。。

 

 

やだやだー!自分は今の感じで楽しくやりたい!

って思うけれどそんな風にはできなくて、

このままでいいのかな。だがしかし変えちゃいけないのは私の本気の気持ちだ。

 

一生懸命さがとりえなら、そこをやっぱり出していくべきというか、、、

一生懸命にやったら必然的にそうなるって感じだけど、

やっぱり本気でやることをやめたら何にもできなくなるな。

環境に、状況に甘んじてしまっているなと実感する。。。

 

 

そう。私に足りないのは一生懸命に何かやることだなあ。

やる気?キラキラな気持ち?

 

わかんないな。。。

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず楽しむこと。なんでも貪欲に楽しむことだなあ。。

 

 

 

とりあえず人に会うでも本を読むでも沢山アクションを起こそう。

 

何とか前に進みます。

 

 

 

【私のわくわく】

ここで特に私がわくわくすることを書くつもりはありません(笑)

 

 

現在の問題意識として、

みんながワクワクしたいと思うものを持っていたら素敵じゃないかな?、それを考えて自分を見つめながら、自分の人生を歩んでくのって素敵!!って思うのに、

なんでみんながそうじゃないんだ?

 

っていうこと。

長い(笑)

 

 

 

いや、みんなその時で好きなことはあると思う。

分かってるけど、そのほうが素敵かなって。。。

 

 

あ、これ自分の価値観押し付けることになるのかな。

 

 

みんなにできればいいと思ってた。

けど、みんながみんなそんな風にできるわけない!って今日言われた。

 

 

だからいいの!って。

できる人がいるからできない人がいるわけで、

自分の身をおく環境で違ってくるよ!って。

確かに島根のこの大学はなかなかにしんどい。

 

こんなに楽しいんだって気づいてくれるのは私にとってはすごく楽しいこと。

そして自分の好きなことをやってる人ってどうしてもかっこよく見えるの。

 

 

なんかグダグダしてても答えが出なそうだから、

結論、

 

 

私は私のやりたいことを楽しむ!

 

 

 

これでいいの。

いまって何者かにならなきゃいけないって思いがとても強いのかなって思う。

でも今日いろんな人と話して分かったのは、

自分の魂がさけぶものをやることで、落ち着けるって。

だから自分に問いかけたり、やりたいことを見つけてく。

 

 

こういうのがあったらいいよね!ってどんどん見つける。

もちろん自分のこともそうだし。

探求しなかったらもうそれ以上いかないもんね。

 

だから成長欲ってあってもいいのかなって思うし、

常にそういう姿勢って大事だなって思った。

 

 

 

うん。まとまらないけど。ごめんなさい。