私の歩き方

いつの間にか前回の更新から1か月が経っている。

時の流れが速いなんて言いたくないけどこの罪悪感はいかに日々何かを考えずに生きているかということの表れなのかもしれないと心を痛める次第である。

 

 

こんな私でも最近気を付けていることがいくつかある。と言おうと思ったが、2つしかなかった。それでも私にとってはとっても大事になることだ。

・正直に話すこと

・最後まで人の話を聞くこと、それを受け止めること

 

1つ目の「正直に話すこと」。これは7月中、ずっと大事にしてきたことかもしれない。別に話すじゃなくてもいいのだけれど、私は口がうまいというか、嘘をつくのがうまい。だから話すとかいた。(別にここは大事じゃない)

私にとって「正直」「本音」「誠意」「事実」のようなありのままといった、自分の欲求にストレートになることも大事であった。しかしなにより人に正直に今いっぱいいっぱいだというような、自分の状況、事実を伝えることが6月末から7月にかけて重要だった。

 

なぜかといったら私は完全にキャパを超えていた。ここに私の大学生活の問題が潜んでいるのだけれど、まだ私は一年生気分で何でもかんでも手を付けていた(多少の方向性は絞られているにしろ)。これは自分が今何を抱えているのか、何をすべきなのかを消化しないままに放っておいた結果から導かれてしまった事でこれは大学生活一番の後悔であると感じている。

 

まあそんなこんなあり、自分に向き合ってキャパを把握することは周りの人に対して迷惑をかけないことにつながる。だから何としてでも把握して伝えることだけはしてきた。これが「正直」の効用である。そのため申し訳ない気持ちもいっぱいだけどそれもちゃんと伝えた。(いつもは大げさすぎて使えないカラフルな絵文字もおかげさまで使えるようになった)

 

加えて、「正直に話すこと」の効果はもう一つある。私は非常に見栄っ張りであり、負けず嫌いである。もうこれは否定できない。でもこれを続けてしまうと、自分のついた嘘や理想によって自分はどんどん苦しめられていくし、何よりも他人に本当の自分をわかってもらえなくなっていしまう。これは信用に直結する問題だ。だから自分にも正直でいたいし、周りの人を大切にする意味でも私は正直に、等身大で生きたいと思うのだ。

 

2つ目の「最後まで人の話を聞くこと、それを受け止めること」これは、私のアホっぽさをもっとうまく活用するための大事な大事なことである。私は顔からアホですという空気が駄々洩れしている。これは誰が見てもそうなのに私は知ったかぶりをしてしまったりかしこぶってしまっていた。確かに知っている話のほうが多かったりもするけれどそこで線を引いてしまうと、もう新しいものを持ってきてももらえないし自分でやるだろうとほっとかれる。でも私の内心はこの人すごく好き、考え方ステキって思ってる時もちゃんとあって。そういう時に損をしているな、と思ってしまう。

でここからが問題なのだが、私の「なんか違う」って思った時の態度だ。そういう時正直に言ったほうがいいと思って、「でもさ」と話を割り込んだりしてしまうことや、「じゃあこうしたらいいんじゃない」と先を急ぎ過ぎること。みんなの考えてることって最後まで聞かないとわからないし、みんな忙しいからそんなこと言うならあなたがやってよとどんどん私に仕事が回ってきてしまう。自分も楽しくなければ周りも楽しくなくなる。ほんとに良くないよ、これ(笑)

 

最後になるけど、上の二つをまとめてみると、人の話を正直に最後まで聞く。これが私にとって大事な態度だった。やっぱ他人があって私があるし、私がやりたいだけとかそんなものはショボいものしかできない。だから自分の意見はちゃんと持っているけど、その人の話もちゃんと聞ける人間になりたい。等身大だけど、わがまま少女みたいな感じにはなりたくない。

 

その為にじぶんができるちっちゃいこととして、私をわたしとして認めてあげられるもの、等身大の私を理解してあげるために私は制作が大切だと思っている。

ちっちゃい時から物を作るのが好きだったように自分でノートでZINEを作ったりスクラッチブックを作るのは想像以上に自分が自分になれている。ちゃんと自分の足で歩く時間を取りつつも、人と一緒になにか作る時間を別々に取ることが今の私にとっては重要。

 

って今思って書いていたらこんなに長くなっちゃったよ・・・💦

 

【夏が近づいてる】

近ごろはスチャダラパーサマージャムを聞きながら夜のコンビニに行ってみたり、

部屋で寝っ転がってみたり。

 

地震の影響もあってか、直前まで全然調子が良くなかった。

気持ちが重くてナーバスになっていた。

 

何をしようとしてもなかなか前に進まないこの感覚。

倦怠感に苛まれていた。なんなんだ。

 

地震があってからなんとなく吹っ切れている。

どうしたのかは全く分からないけれど、こんな気分になることもあるんだなっていう。

 

 

こんなこと考えているうちに昔のことを思い出したりしちゃってた。

よく出てくるのが子供のころの私の言動。(今も大人になったとは思えないほど子供だけど)

 

沢山ノートを買ってお母さんに隠れて物語を書いたりエッチな絵をかいてみたりしてた。不思議な子どもだった。

家に帰ってきて友達から離れると、山の見える窓の前にソファをおいて麦茶をお洒落に入れてみたりしちゃったりして。クラシックに浸っていた。

 

 

だからなんだって感じだけど私はずっとつながってるんだって最近実感する。私の中にいる私はなにも変わらず自由に気ままにやっていると思うとどこかから俯瞰してみているもう一人の私はかわいいなとか思ってしまう。

 

ずーっと何かがずれてるバカなのかもしれない。

普通に生きることのできない私を笑ってあげたい。

 

普通って言ってもみんな普通に生きてなんかいないってこともちょっとずつわかってきた気がする。みんな普通っていう言葉に苦しめられながらも、

自分を作ってるんだ。

〈人〉

なんと抽象的なタイトル。

つまりは書きたいことが決まっていないやつでありまして。


最近思ったことは、いくら考えが凄くて尊敬されるようになっても仲間がいることには敵わないということ。


きっと沢山の人に会って自分かときめくものを見つけても、それで自分の一部は満たされていくのかもしれない。


だけどそれを放って置かれたら悲しいよね。



生きていくのは1人じゃ無理なんだ、あくまで私はだけど、1人で動くことはきっと私の理想じゃない。


ずーっと周りでみんなが社会の為にと動き出す中で、自分の中で引っかかっていた違和感はこれなのかもしれない。


やっぱり、誰かと。です。



考えるだけはもうおしまい

なんとなく沢山ためてた。

いろんな人の記事をよんでいろんな本を読んで。(まあそんなにだけど)

 

人の価値観を知ることは本当に楽しい。

いろんなことを知ってなんとなく興味のあるものを見付けて。

 

だけど、もっと自分の基準で生きてみたい。

自分の感覚を研ぎ澄ませて、自分の気持ちのいいところに行ってみたい。

 

 

最近気づいたこと。どうして自然環境に興味があるのか

理由の一つは自分が自然の中にいたときすごく感覚で生きていられて、自由だったこと。もちろん怖いこともある。

 

そして二つ目は、農業とかで考えるといいと思うんだけど、過剰な肥料をやめて自然の力で生きていく農法。その自然の力に魅せられていたのかも。それって今の私たちも当てはまって、ただただ何かを与えられてあんまり自分の力で生きていないとなんか気持ち悪い。生きてる感じがしない。

 

 

ちっちゃいころ私はすごく外のにおいをかいでいた。

毎日外で遊んでいた。

 

ごくごく当たり前のことなのかもしれないけど、小さいながら自然にいるとき力がスーッと抜けていくことに気づいていた。

 

みんながやってるから、興味がありそうだから、ちょっとすごいことしなきゃ。

 

 

それは少し置いておいて自分の中でキラキラしているものをもっと掘り出したい。

もっと自分で生に感じることを増やしたい。

 

 

 

自分のやりたかった教育関連のことについて。

 

んー。今はなんて表したらいいかわからないけど、

自分のやりたいことがないなんて人は沢山いるし、悪いことじゃないとも思えるようになってきた。

だけど、自分の好きな物を見つける力はその人しか持ってない。それを掘り出す人は誰だろう。沢山のきっかけを周りの人からもらって自分の力を見つけていく。見つけるのは自分だ。しかもこの歳になればなおさら。

 

だからもっと自分の感覚とか大切にしたいな。

なんかそんなことできたらいいな。

 

自然のなかで小さい子と遊ぶ中でなんとなく気づいた感じたことでした。

 

 

なのでもう少しだけ自由にどこかに行ってしまいたい気持ちです。

行きたいところにしたいようにすこしだけ行ってきます。

愛ってなんだ

最近、誰と付き合うのか、そして誰と結婚するのか、そんなことを考えてしまう。

 

映画「ソラニン」「縁」や、小説「四月になれば彼女は」を見たり、読んだりしてなおさら分からなくなってきたんだ。

 

私の解釈は正しくないかもしれないし、大分恋とか愛に引っ張られているかもしれないから何とも言えないけど・・・

 

 

「縁」や「四月になれば彼女は」はラストに近付くまでももちろん面白いし、吸い込まれるように読んでいたんだけど、最後ガクッとなってしまったんだ。

 

なんでかっていうと、運命っぽくって自分にピッタリな人なのにその人を差し置いて違う人を選んだから。その人とは平凡な日々を送っているけど、それもいい。2人の関係は自分たち次第でいくらでも楽しむことができるんだ。みたいな感じで。。。

 

なんなんだろう。たぶん私はそうして自分を底から変えてくれるような人と結婚して、これからも刺激し合いながら人生を送っていくのが理想なのかな、っと思いきや、妥協したような結婚。

 

 

だけど「ソラニン」は何となく違うって思った。まあ、結婚とかその後のことが記されてないからかな。

でも種田が自分に「俺は幸せだ」って言い聞かせても、”本当に?”がよぎってしまうところはすごく共感できた。

 

 

なんとなく安定の相手と、経済的にも厳しいけど結婚して。

本当に幸せなのか分からないまま、それでも結婚して。

それでいいのかな。

種田が苦しんでた気持ちがなんとなくわかって切なかった。

 

ソラニンは2010年の作品。

縁も四月になれば彼女はも最近の作品。

 

最近の情勢も反映されてるのかな?

きっとなんとなくの相手でも、最高の人じゃなくても、自分次第で愛せるよって言われている気がして。2人の理解が足りてなかっただけだよって。

みんなそんな感じなのかな?結婚ってそう上手くいかないものなのかな。

 

確かに男の人も今は低収入の人が多いし、女の人は理想が高い気もする(←主観的過ぎ(笑))だからみんな結婚できなくなってるのかな?

 

あー。むずかしいんだなあ。結婚。

さくらをみたよ

今日はさくらを見たよ。

さくらは全然濃いピンクじゃないんだね。少し白に近い。

 

 

こうやって小さな発見を沢山したい。

毎日、ちっちゃな楽しみを沢山見つけたいんだ。

 

なんとなーくの日々ってほんとに何もない。

体力を使って、どんどんくたびれていくの。やだな。

 

私最近ずっとそんなんしてた気がする。

楽しく生きるの。それって自分次第だ。

 

学校の講義でもそうだし、なんでもそうだな。

 

 

 

日常に慣れないように。

なんでも習慣化してしまわぬように。

 

 

 

毎日がたのしくなりますように。

勉強にもつながるかな。